TOP > 腰椎脊柱管狭窄症

腰椎脊柱管狭窄症

腰椎脊柱管狭窄症の画像所見について


腰椎脊柱管狭窄症は、問診や視診、つまり身体所見をもって大体の見当を付けることが可能です。腰椎脊柱管狭窄症は腰の痛み足のしびれが基本の病気です。つまり腰の痛みの有無や、または下肢の異常を見て、条件による症状の軽快などが適切であれば、かなりの割合で病床とその内容を把握することが可能です。

しかし、画像所見が適切でなければ、確定診断されることはありません。椎体の変化の状態や骨棘の有無、また椎間板の変性が認められれば、変形性脊椎症や分離症の可能性が高く、またレントゲンやMRIなどの画像所見を行なえば、脊柱管が狭くなっていることが判ります。

またこれらの骨の変化は特に高齢者の方であれば誰にでもある状態とも言えます。つまり、この状態で全ての方が痛みを訴えることはなく、骨や筋肉の使いすぎ、また筋力の低下などがあることで、腰椎脊柱管狭窄症による痛みが起こることになります。

一度痛みが出てしまうと多少の筋力アップだけでは不足しがちですが、やはり運動療法は治療を進める上で不可欠な要素であることは間違いありません。また、画像所見だけでは腰椎脊柱管狭窄症の症状を確定するに不十分です。神経の圧迫があれば狭窄によるものであると断定できますが、このためにはMRIを用いるのが有用です。

脊柱は神経がたくさん入っている入れ物のことです。またこの中にある神経についての状態を明確にしなければ、画像所見の意味はほとんどありません。またMRIの他にも脊髄造影をする場合もあります。脊髄を囲んでいる袋の中に造影剤を注入してから、レントゲンで撮影する検査方法です。

しかし、このような大がかりな検査をするとなると、入院が必要な場合もあります。MRIが適切でない場合は、その変わりにCTを用いるケースが増えています。これらの重要な画像所見で診断が確定されたら、後は治療メニューを組み立てることになります。

また定期的にMRIを撮影する場合もあります。手術前には必須ですし、術後のリハビリの経過の判断にも好材料になり得ます。できるだけ設備の整った、またできるだけ新しい設備を装備した病院で検査を受けると治療もはかどると思います。