TOP > お薦めサイト情報

お薦めサイト情報

業務用のにんにく しょうが ゆずのことなら坂田信夫商店
坂田信夫商店は業務用国産生姜を中心に業務用にんにく、業務用ゆずなどはもちろん紅生姜・がりといった漬物製品も製造販売しています。

車を売るならこちらのサイトがおすすめ
車を売るとき相場よりも高く売る1つのポイント 元レーサーが教えます。

血糖値測定器
最もおすすめの自己血糖値測定器はフリースタイルライトになります。

腰部脊柱管狭窄症と血行の関係性について


腰部脊柱管狭窄症の原因は様々です。また整形外科での治療がもっとも一般的ですが、最初は薬物投与を治療主体とするケースがほとんどです。従来は鎮痛剤、血圧降下剤、局所麻酔薬などが主に用いられていましたが、最近は血行改善薬、血管拡張薬などの血液の流れをサラサラにするための薬剤が有効と考えるところが増えています。

また腰部脊柱管狭窄症で特徴的な症状が、間欠性跛行と呼ばれる歩行の断続的な中断の症状ですが、この症状は閉塞性動脈硬化症という血管性の病気にも見られます。またこの病気によく使用されるのも血行改善薬で、同じような薬剤が腰部脊柱管狭窄症に対しても有効とされています。

腰部の脊柱管を狭窄してしまう原因には、老化現象があります。他には姿勢の悪化や運動不足、そして逆に過度の運動、そして外傷を伴う事故などですが、これらのほとんどの場合、血行の悪化が現れます。

血行の改善には、食事の内容をしっかり組みなおすことも大切です。動物性コレステロールが多い場合は、やはり最も注意しなければなりません。血行を高めるための植物性の油分、シソや亜麻仁は血行を改善するために有効です。サラサラな成分を含むものとしては、納豆やたまねぎ、そしてにんにくがあります。

また食物繊維も効果的です。特にコレステロールを吸い出す効果がありますので、血行が悪化する状態を予防するためにも適切です。その他にはやはりタバコや飲酒を代表とする刺激物も控えるべきです。過度の飲酒は脳にも影響が大きく、全身のコントロールを阻害します。また熱すぎる、冷たすぎるものを摂るのも要注意です。

その他、自律神経の不調はストレスが招くといわれます。交感神経が優位になったままだと、やはり血行も悪化しがちです。興奮しがちな方、またスリルのあることが好きな方は、リラックスする習慣を付けるのが大切です。血行を改善すると体が軽くなったように感じられます。寝起きもスムーズになったり、生活改善にも大きく貢献します。