TOP > 手術について

手術について

腰部脊柱管狭窄症のタイプについて


脊柱管が狭くなる腰部脊柱管狭窄症という病気は、ひどい下肢痛や痺れなどが特徴的な病気ですが、圧迫を受ける神経にも色々なタイプがあります。まず馬尾と呼ばれる神経の束が圧迫を受けるタイプ。このタイプは腰部脊柱管狭窄症の種類の中でも症状が重く、両足に痺れが起こって、変形性膝関節症を併発したり、また麻痺についても広い範囲に及びます。

その他には直腸にも関与して排便障害になる場合もあります。腰椎の変性すべり症から発展するタイプが多く、また高齢者の腰部脊柱管狭窄症に多いタイプでもあります。そしてもう1つのタイプが神経根型です。脊柱管の外側の神経根が圧迫を受けると、ほとんどの場合、片方の足だけに症状が現れます。腰を前屈すると症状は柔らかくなり、また反ると激しい痛みを訴えます。

またこれらの2つのタイプがミックスされた混合型の腰部脊柱管狭窄症もあります。神経根型以外の狭窄が起こった場合は、症状も大きくなりがちです。また多くの場合手術を適用されています。ですが、必ず解消されるというものでは決してありません。痺れ、そして麻痺もある場合は、やはりその可能性はより低くなると考えるのが妥当とも言えます。

圧迫を受けただけでもその神経を完全に修復することは難しいのです。また間欠性跛行による痛みがあっても安静時にはほとんど障害が起こらない場合は改善されやすく、逆に安静時も痺れや鈍磨があるという場合は残るケースが多い、という区別の仕方でも問題はありません。

もちろん主治医ときちんと相談すれば効果についてある程度把握することが可能です。どのような結果になろうとも信頼して受けるのか、あるいは他の病院で診てもらう、セカンドオピニオンを適用することも可能です。

また、腰部脊柱管狭窄症の合併症タイプについてもある程度把握しておくことが大切です。神経にそれ以上傷がつかないとも断言はできません。大切なのはできるだけ早い決断です。腰部脊柱管狭窄症では、様々なタイプの治療をできるだけ早期から実践することがまず一番の治療法です。