TOP > ニュース/トッピクス

ニュース/トッピクス

お薦めサイト一覧

犬しつけ
犬のしつけで悩んでいる方へぜひ一度ご覧になっていただきたいサイトです。

多汗症
多汗症で悩んでいる方は当サイトが推薦している治療法を一度実践してみてください。

ポメラニアン しつけ
ポメラニアン.comは、ポメラニアンの正しいしつけ方法や飼い方の情報をお届けするために作られたサイトです。

ドーベルマンのしつけ方や飼い方に関するサイトです。
まずは当サイトをご覧いただき、ドーベルマンの正しいしつけ方法や飼い方を学んで頂けたらと思います。

腰部脊柱管狭窄症の投薬治療について

腰部脊柱管狭窄症には、保存療法が適用可能です。またこの保存療法のうちでも基本と言えるのが投薬治療です。最初はまず血行改善薬を処方することが多く、他には鎮痛剤もよく使用されます。腰部脊柱管狭窄症では、神経周りの血行が悪化することも大きな原因であることが明白です。

このため従来は鎮痛剤が主流でしたが、最近は血行改善薬がまず最初に使用されるケースが増えています。またこの薬剤の効果はすぐには出ません。ほとんどの場合2、3ヶ月の投薬が必須です。このことで、薬剤にだけ頼っていることには難があります。

長期服用は特に胃の弱い方には無理なケースも多く、薬物をできるだけ加減しながら他の保存療法を併用することが必要です。投薬で効果が出た、という多くの方が他の治療法を併用されています。薬が効いている期間はもちろんありますが、やはりメリハリが大きくなればなるほど他の方法の必要性も増します。

また投薬治療は精神的な緩和策、安心感を得るためにも有用です。高齢者の方にも長年の腰痛がやっと解消されたと張り切ってしまう例も少なくありません。このことでリハビリにもふんぎりを付けることが可能です。イメージとして投薬だけでは物足りないところがある、ということは誰でもちょっとは考えることです。

また投薬とニュアンスは同じようなものでも、副作用がほとんどない治療法としてブロック注射があります。投薬でもなかなか症状が改善せず、他の療法へのふんぎりもつかないという場合にも用いられるケースが多く、施術に間違いがなければかなりの確率で改善を見込むこともできます。

しかしこの神経の炎症を止める療法でも効果が無い場合は、残念ながら手術を適用するケースがほとんどです。手術は患者さんそれぞれでその是非の内容が異なります。患者さんが望んでいる予後の生活にも依存しますので、まずじっくりと相談することが大切です。医師とのコミュニケーションは、ただ治療の予定を話し合うばかりではありません。