TOP > メニュー

メニュー

腰部脊柱管狭窄症は運動を取り入れることで早期に改善することができる。


腰部脊柱管狭窄症は、背骨の変形がもたらす症状とも言えます。またこの変形は外傷などで起こる場合もありますが、ほとんどは老化が発端となって起こります。では、老化すると必ず腰部脊柱管狭窄症になるかといえばそうではありません。腰部脊柱管狭窄症は誰にでも起こるということが正しくても、痛みや痺れを訴えてしまう可能性はごく僅かであるとも言えます。

このことから腰部脊柱管狭窄症が原因ではなく、他に様々な要因があると言えますが、多くの医師はまず、運動不足や筋肉の衰えが腰部脊柱管狭窄症の発症の可能性を高めているといいます。つまり日常生活の中に大切な原因が潜んでいると考えることが可能です。このように、腰部脊柱管狭窄症は複雑なメカニズムを抱えているのではなく、意外に簡単な原因が考えられる病気です。運動不足についてはそれを改善するために運動をすることが基本です。

運動しないで腰部脊柱管狭窄症を解消することは難しいとも言えます。またとてもシンプルな運動が功を奏します。ウォーキング、つまり正しい姿勢による歩行訓練や、適度な負荷を与える範囲での階段の昇り降り、水中でのウォーキングや、腰を伸ばさないで済むエアロバイクなど、どのような方でもすぐに取り掛かることができるものばかりです。疲れを大きくしてしまう運動、またほとんど運動しないでいる状態、この中間に位置する状態をターゲットとするのが理想です。

よくものぐさな方は運動するならここで一発量を稼いでおこう、という方がいらっしゃいますが、これもNGです。常に楽しくなるような運動を継続させることだけが大切とも言えます。しかし、このことには否定的な意見もあります。仕事が一定の範囲に収まっていれば何も問題は無いはずだ、というものですが、やはりこのことは否定できません。

個々の環境や、立場についても徐々に解消させていくしか無いと思います。またストレス発散も度を越さないように注意したいものです。このように病気のメカニズムと運動は常に深い関係にあると言えますので、普段あまり体を動かさない方、筋力が劣っていると自分で感じている方は、積極的に体を動かして筋力の強化に励むことがとても大事になってきます。