腰部脊柱管狭窄症NAVIへようこそ

腰部脊柱管狭窄症NAVIへお越し頂きありがとうございます。当サイトは、腰部脊柱管狭窄症で苦しんでいる、一人でも多くの方のお力になりたいという想いから、誕生したサイトです。

腰部脊柱管狭窄症になると、腰の痛みを始め、足のしびれが出ます。また症状が酷くなると、立ち上がったり、歩くこともままならなくなり、最悪の場合、寝たきり状態になってしまうこともあります。

そして、腰部脊柱管狭窄症の一番の特徴的な症状は、「間欠性跛行」と呼ばれるものです。間欠性跛行になると、長い距離を歩くことが出来なくなり、少し歩いては休み、また、少し歩いては休みと、数百メートルを歩くのも辛い状態になります。

腰部脊柱管狭窄症を改善するための一般的な治療法と言えば、薬や牽引、温熱治療、コルセット等の装具療法があると思います。また、症状が酷い場合、手術を薦められることが多くあります。

また、その他の治療方法として挙げられるのは、接骨院や整体院、鍼灸治療、カイロプラクッティクなどがあると思います。

しかし、これらの治療を試された方は多いと思いますが、腰部脊柱管狭窄症が改善されることはなかったと思います。また、手術をしたとしても、8割~9割の方が術後1ヶ月以内に再発しているのが現状です。

ですから、あなたも何か良い治療法がないかと情報を求め、当サイトにお越し頂いていると思います。

ですが、もう安心してください。当サイトでは、今お伝えした治療法には一切頼らず、1000人近い方が自力で腰部脊柱管狭窄症を完治させた治療法をお伝えしています。

まずはこのままページを読み進めてみてください。その後は、あなたが知りたいページを選択し、各ページゆっくりとご覧になってみてください。きっと、あなたのお悩みが一つ、一つ、解決されていくと思います。

そして、当サイトの情報を役立てて頂き、1日も早くあなたのその辛い腰部脊柱管狭窄症を改善させてください。あなたの腰部脊柱管狭窄症が1日でも早くよくなることを心より願っております。


腰部脊柱管狭窄症について





腰部脊柱管狭窄症になる原因として最も多いのは、加齢による腰椎の変形です。その他にも、先天性によって起こるケースもあります。また、若い方でもすべり症から併発する場合もあります。

また、脊柱管が生まれつき狭い方がよりかかりやすいということも言われていますが、必ずしもそのような方がかかるということでもありません。

若い頃から腰に高い負荷をかけてしまうケースが最も多いとも言われます。加齢によるとはいえ、やはり腰部に負担を多くかけた結果であるということも言えます。

また、日頃からの悪い姿勢も問題で、座ったままの仕事でも長時間同じ姿勢を保ち、上半身を中心に緊張が続くことで、腰部への負担は過剰になります。

このように、姿勢を治す必要がある、またはたまにストレッチをすべき、というようなことはほぼ全ての職種について言えることであるといってもいいでしょう。

タクシーの運転手、トラックのドライバーなど、あらゆる職業について言えることで、決して腰部に負担をかける環境にあるから、ということでは片付けられません。

長時間立ったままでの仕事、というのもかなり腰部に影響がありますので、ストレッチや座るなどの緩衝の時間を持つことが必要です。

腰椎を酷使することが原因である、高齢化が原因である、ということはほぼ同じことと考えることができます。仕事の合間にストレッチすることを欠かさなかった方は高齢化してもかかる確率は低い、ということが言えるでしょう。

また、ストレッチだけでなく、日頃の食生活や運動、体のケアを怠ってこなかった方達は腰部脊柱管狭窄症になりにくいと言えます。逆に、体のケアを全くしてこなかった人達は腰部脊柱管狭窄症になりやすい体になってしまっているとも言えます。

腰部脊柱管狭窄症は、日頃自分の体をケアしていくことで予防、改善することが出来ますので、少しづつでもいいので始めてみることをお勧めしたいと思います。

また、医学的な見地からは、先天性脊柱管狭窄症は生まれつき腰部の脊柱管が狭くて、腰部脊柱管が正常より狭く成長した結果であることが原因とされています。

また、後天性の脊柱管狭窄症はすべり症によって脊柱管が狭くなったものや、椎間板ヘルニアなどによる合併などが考えられます。特にすべり症にかかったら、要注意ということが言えます。

もしあなたが、腰部脊柱管狭窄症で長いこと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介している「中川式治療法」を一度実践することをお薦め致します。

既にこの治療法で延べ50万人以上の腰痛患者さんが症状を改善しており、腰部脊柱管狭窄症で悩んでいた多くの方も症状を改善し、元の日常生活に戻ることができています。

また、医者から手術を勧められていた方や車椅子生活を余儀なくされていた方も、この中川式治療法を実践したことによって、元の日常生活に戻ることができています。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この治療法があなたを苦しめている腰部脊柱管狭窄症を改善してくれる手段になるはずです。


新着情報
What's New

2016年03月16日
新着情報バックナンバー
2015年08月28日
腰部脊柱管狭窄症
2015年08月28日
腰部脊柱管狭窄症について